Reddit-books-“The Giving Tree”の背後にある道徳

おそらく、これまでに書かれた児童文学の中で最も有名で論争の的になっている作品の一つは、Shel SilversteinのThe Giving Treeです。 間違いなくシルバースタインの最も有名な作品は、本は少年と木の間の生涯の関係の単純に言葉storyされた物語を伝えます。 最初は、少年と木は相互に有益な関係を持っているようです。 少年は成長し、木の陰で遊び、木は少年を愛し、彼の会社を楽しんでいます。 しかし、本が進むにつれて、動的な変化。 少年は木を大切にするのではなく、木が彼のために何ができるかを尋ねることを要求するようになります。 それにもかかわらず、木は文字通り切り株に過ぎないまで自分自身を与え続け、シルバースタインは彼女の犠牲にもかかわらず”木は幸せだった。 しかし、今は老人である少年は、彼が望むのは座って休む静かな場所だけであることを認識しているので、物語は肯定的な結末を持っています。 幸いなことに、二人のために、木の切り株はそうするのに最適なスポットを提供します。 そして、木は…幸せです。この物語の中の論争は見つけるのが難しいことではありません。

そのような有名な子供の本のために、与える木は驚くほど暗い話をしています。 木は、文字通り彼女を引き裂き、彼女を切り株に減らすときでさえ、少年に彼が求めるすべてを与え続けます。 一方、少年は、これまで彼女に感謝したり、目を打つことなく、継続的に木の要求を行います。 この物語によって提示される難しさは明らかに肯定的ではない物語の中で肯定的な道徳的価値のいくつかの並べ替えを見つけることです。 様々な説明が与えられているが、いくつかの研究の後、それはどれも本当に満足のいくものではないという私の意見です。 私は本の背後にある意味に関するすべての理論に対処することはできませんが、私自身の推論を提供する前にいくつかを批判することが私の目標

最初の、そして最も一般的な説明は、物語が無条件の愛の素晴らしい例であり、彼の要求の厳しい利己主義と感謝の欠如にもかかわらず、木が少年に与え続けているということです。 しかし、これは私の心の中で明白な疑問を提起します。 継続的に誰かを愛し、彼らが何をしてもあなたを使用させることは不健康であり、深く危険です。 議論の余地なく、無条件の愛そのもののアイデアには欠陥があります。 例のための結婚を取りなさい。 ほとんどの新婚夫婦が(少なくとも新婚旅行の段階で)彼らの愛を”無条件”であると宣言するでしょうが、それは本当にですか? 彼らの配偶者が物理的にそれらを虐待した場合はどうなりますか? またはそれらをカンニングし、別のものを愛するために? 突然、私たちは無条件の愛について少なくとも2つの条件を作成しました。 無条件の愛を(少なくともその意味で)子供たちに教えることは、単に彼らを許す意欲を示す他の人を利用しようとしている人々でいっぱいの世界では、現実的でも実行可能でもありません。無条件の愛をテーマに続けて、いくつかの支持者は、この本はイエス、彼自身の息子の犠牲を通して神の愛への寓話であると述べています。

ここではあまり詳しく説明しませんが、私自身がキリスト教信仰であるという観点から二つの主な問題を見ています。 まず第一に、私はシルバースタインがキリスト教の信仰や価値観を持っていたという証拠を見つけることができず、宗教的議論を曖昧にしました。 第二に、神が使用され、無力な切り株に還元されているという考えも、神の愛や慈悲のキリスト教の視点と一致しません。 これら二つの理由だけで、キリスト教の道徳的な議論の任意の並べ替えを無効にします。

この本は単純な環境メッセージであり、私たちが住んでいる世界をどのように扱うべきかの否定的な模範を示しているという考えです。

私がこれに同意しない理由はいくつかありますが、主なものは、そのような深く魅力的で美しく書かれた物語が、そのような単純な道徳的な心で書かれているとは信じられないということです。 シルバースタインが木の代わりに人を簡単に雇用することができたという事実は、文字の一つが木であることが中心的な道徳にとって不可欠であるとの考えを損なうようである。 シルバースタインが物語を環境にすることを意図していたならば、彼は木を明らかに人間にすることによってそれをより認識可能にしたであろう。 この物語は、子供たちが自然をどのように評価し、尊重すべきかのデモンストレーションとしてうまく機能しますが、その価値はこの点から引き出さ

私が同時に議論する他の二つの引数は、与える木が親と子、または友情の関係を示しているということです。 少年と木は明らかに継続的または健康的な友人ではないので、友情の議論はかなり迅速に落ちます。 一方、親の議論は実際にはいくらかの重みを持っています。 いくつかの点で、木は愛情のある親に似ており、彼女の”少年”にできるだけ多くのチャンスを与えようとするために自分自身を継続的に与えています。 しかし、もう少し深く見ると、Silversteinは健全な関係の絵を描いていません。 木は決して適切な育てることにとても必要である種類の”堅い愛”か訓練を与えないし、彼女が彼女自身が使用されることを可能にする少年を愛するよ 何人かの親が彼らの子供がそれらを利用することを可能にする間、これは立派な理想またはよい道徳的でない。 再び、関係のunhealthinessは非常に異なるテーマを話すようです。

私自身の意見を提供するために、私は物語の道徳は、ほとんどの人が受け入れたいよりもはるかに暗いと思います。 私は木がマゾヒストの典型的な例であると言う人ほどは行きませんが、木と少年の関係は、主に私たち自身の生活の中ですべきではないことの一例であると私は信じています。 少年の視点からは、たとえ彼らが私たちを許しても、人々を継続的に利用すべきではありません。 より成熟した読者が本を読むとき、彼らは簡単にこれらの属性のいずれかが特に彼に与えられていなくても、利己的、悪意のある、と恩知らずであると しかし、多くの場合、私たちは少年です。 人間としての私たちは、貧しい人々、恵まれない人々、だまされやすい人々、そして無知な人々をほぼ毎日利用して罪を犯しています。 シルバースタインは、私たちが持っているものに感謝するだけでなく、私たちがそれをどのように取得するかに注意するだけでなく、私たちを呼び出

しかし、このレッスンは貴重ですが、個人的に私にとって最大の和音を打ったレッスンは木の中にあります。

しかし、このレッスンは貴重です。

この例では、私は木と少年を関係であると見ています。 必ずしもロマンチックなものではありませんが、実際には他の人との関係はありません。 最初は、関係は健全です。 木と少年の両方が幸せであり、当然のことながらそうです。 彼らはお互いに愛と奉仕を示し、両方とも明らかに関係の恩恵を受けます。 しかし、この後すぐに物事は悪化のためにターンを取ります。 少年は自分の目的のために木を使い始め、すべてを取って何も返さない。 しかし、不思議なことに、シルバースタインは継続的に”木は幸せだった”と言います…ほぼ最後まで。 今は年を取っている少年が幹を取って船を出して航海した後、木は一人で残されます。 “そして、木は幸せだった。.. しかし、そうではありません。”永遠に消滅している関係の可能性に直面して、木は最終的に視点を得る。 私の心の中では、この時点で、彼女は関係が始まった直後から不健康であり、彼女は本当に幸せではなかったことを認識しています。 この事実は、多くの場合、私たち自身の生活の中での関係の非常に真実です。 “愛は盲目だ”とよく言われています。”この引用は肯定的な側面を持っていますが、愛が唯物論的であってはならないか、単に外観に基づいていてはならないかを示していますが、私は自分の人生で暗い側面をより頻繁に見てきました。 それがロマンチックな関係であるかどうかにかかわらず、私は愛と強い感情が有害な関係で他の人の本質から誰かの視点を盲目に見てきました。 彼らは常に肯定的な見通しと絶望的な楽観主義を維持しながら、与え続けていますが、彼らは状況の現実に直面することを拒否します。そして、私はシルバースタインの本は肯定的な結末を持っていることを先に述べましたが、それは少し誤解を招くものでした。 私はすべてにもかかわらず、少年に戻って木としてエンディングを表示し、自分自身が最終的に、最終的に屈辱的な方法で、再び使用することができま そして、多くの場合、私たちは同じことをします。 人と私たちを傷つけている関係を識別した後でさえ、私たちはしばしば、彼らが私たちに与える注意のためにどこに行くべきかわからないので、関係 誰も関係を置き換えることができないという考え方や、物事が最終的に好転し、しばしば私たちを木にするという考え方に陥るのは簡単です。 私たちは現実に直面することを拒否し、自分自身を使用できるようにし続け、私たちが立ち往生している考え方から解放されることはありません。

Shel Silversteinは警告を提供するために与える木を使用しました;他の人を利用しないでください,そして自分自身が使用されることを許可しないでくださ Silversteinの物語は暗くて悲しい現実的なメモで私の心の中で終わりますが、それは私たちに金型を壊して木よりも良い機会を与えてくれます。 本は警告として機能し、そのようにそれを取ることは、私たちが私たちから人生を吸うのに役立つだけの関係の私たち自身の生活を取り除くことを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です