Koh-i-Noor To Hope:世界で最も高価なダイヤモンドの5つは、その美しさであなたを盲目にします

インドを含む4つの国で、世界で最も高価なダイヤモンドであると考えられているKoh-i-Noorに主張を敷くことで、石は英国で終わる前に何度も手を変えました。 ダイヤモンドはインド亜大陸を支配したムガル帝国に属していましたが、18世紀に国を侵略したペルシャの支配者ナディル-シャーによって奪われました。

ダイヤモンドがアフマド-シャー-ドゥッラーニーの所有になった直後、その子孫Shuja Shah Durraniが19世紀初頭にKoh-i-noorをインドに持ち帰った後、ダイヤモンドはシク帝国の創始者であるMaharaja Ranjit Singhで終わった。

また読む:なぜインドは英国からKohinoorダイヤモンドを取り戻すことはできません

支配者はプリのJagannath寺院にダイヤモンドを遺言していたが、彼の意志は東インド会社によって実行されませんでした。 シク教徒が第二次アングロ-シーク戦争で敗れた後、石は大英帝国の所有になった。

今日でも、インドと英国の間の政治交流のニュースが勃発するたびに、インドの人口neversは彼らのダイヤモンドが国に戻されることを指摘すること しかし、それはすべてのインドの人権によって提出されたPILの後にのみです&社会正義フロント,国の弁護士一般Ranjit Kumarのが答えたダイヤモンドの返還について,”それはシク教徒の戦争での助けのための補償としてRanjit Singhによって英国に自発的に与えられました。 Koh-i-Noorは盗まれたオブジェクトではありません」と、被験者は再び勢いを増しています。

Koh-i-Noorはペルシャ語で光の山を意味し、女王の王冠を飾るロンドン塔で見ることができます。 しかし、105.60カラットのダイヤモンドは、世界で唯一知られている石ではありません。

画像:ロイター

ここでは、世界で最も高価なダイヤモンドがあります:

サンシー

画像提供:Twitter/@LadyDujourLLC

55.23カラットの重さ、貴重な淡黄色のダイヤモンドは再びインドの起源を持っており、対称的なファセットで切断される最初の大きなダイヤモンドの一つであると考えられています。 ダイヤモンドはルーブル美術館のアポロ・ギャラリーに展示されています。

Cullinan

写真礼儀:Twitter/@Sparklesindia1

USD400百万またはRs26,62,13,80,000で評価され、Cullinanダイヤモンドは3,106,75カラットの重さであり、世界で見られる最大の宝石品質 そのうちのカリナンIとカリナンIIは最も有名であり、ロンドン塔では十字架とインペリアルステートクラウンで主権者の笏を飾ることができます。

Hope

Picture:Reuters

インドで発祥したと考えられているダイヤモンドは45.52カラットの重さで、ワシントンD.C.の国立自然史博物館に展示されています。 それは現在USD350百万またはRs23,28,95,07,500で評価されており、また、その所有者に不運や死をもたらす呪われた石としての名前を作っています。

デビアス百年ダイヤモンド

画像礼儀: Twitter/@Isdiam

100万米ドルまたは6,65,40,45,000ルピーの価値を持つデビアス-センテナリー-ダイヤモンドは、内外の完璧さと最高グレードの無色ダイヤモンドに属することで、アメリカ宝石学研究所によってグレードD評価を受けた世界で最も美しいダイヤモンドの一つです。 線香花火は、溝のないハート型にカットされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です